昨日の記事で、肩書きを変えたら売れた!ってことについて書きました。

でも、そんな簡単に言うけれど、実際にはどうやってつけたらいいの?
って事についてお話ししたいと思います。

仕事をしていると、だんだんと専門的な知識と報酬を得る側の都合でモノを考えるようになり、しばしばお客様の立場を考えられなくなってしまうことがあります。

例えば、ドラッグストアでよく目にする「タウリン1000mg配合」と書いた商品。
よく考えてみてください。
ってか、”タウリン"ってなに??
みんな知ってるの??

「あなたの頭痛にイブプロフェンが効く。」もそう。

専門用語や、売り手の立場で考えると、お客様にはよくわからないものになってしまうんですよね。


■そういう時は、一度自分のいる立場を離れて考えてみる。

チャットレディだったら、チャットレディという立場を一度考えずに、ライブチャットのお客様の気持ちになってみる。

予算・時間・人員など考えずに、私がお客様だったら”もっとこうだったら楽しいんじゃないかなぁ〜”ってことを考えてみるんです。

あたながそう思ったことは、たくさんのお客様が共感してくれる可能性がありますから。

例えば、モテたいと思っている方への女性の気持ちを教えてくれる専門家とか、社内の女性社員とのコミュニケーションをUPする方法とか、女の子目線で教えてくれたら楽しんじゃないかなって思うんですよ。

ライブチャットは双方向のコミュニケーションなんだから!