画像1


子供の頃、大変大好きで見ていたアニメ「ドラえもん」。
当時は大山のぶ代さんの声が特徴的だったアニメ。

僕が見ていた頃からすると25年ほど経った現代はどうなっているのか?
ちょっと調べてみました。

やっぱり、↓↓こいつ(スマホ)の存在は、21世紀を大きく変えた事がよくわかりますよ!

画像1



あの時、夢のようだったドラえもんのアイテムが
なんと!現実化されているものがあり
しかも!今手の中にあるスマホで可能なものを調べてみました。


あっちこっちテレビ
画像1


医療用ですが、遠隔画像システムのアプリがあります。
画像1



アニメーカー
画像1


撮った写真をアニメーションに加工できるアプリがあります。
画像1



糸なし糸電話
画像1


これはめっちゃ欲しかった。
そして、みんな持ってますね。そう、携帯電話です。
画像1



インスタントテレビ局
画像1


これは僕も今大注目のYouTubeやUstreamですね!
画像1



イージー特撮ビデオ
画像1


画像や映像を加工出来るアプリがたくさん出てます。
画像1



うそつきかがみ
画像1


写したものが真実と違うものが写るというカメラアプリがたくさん出てます。
画像1



うそ発見器
画像1


お遊びアプリですが、うそ発見器アプリがあります。
画像1



宇宙大百科と端末機
画像1


宇宙の事に特化してるわけじゃありませんが、これはもう世界のWikipediaですね。
画像4



宇宙探検ごっこヘルメット
画像1


写したものが異次元になってしまうアプリ。
画像5



衛星スパイカメラ
画像2


これはUstreamなんかもそうです。いろんな場所の映像がいっぺんに見れます。
画像6



SOS発信器
画像3


これはそっくりそのままのアプリがありました!
画像7



ドラえもんのアイテムは約3000個あります。
あまりにも数が多すぎて、(あ行)のアイテムを紹介するのがやっとでした。

次回は、か行・さ行・・・も探してみたいと思います!


しかし、今回この企画で調べてみてわかったことは、技術が藤子不二雄さんの頭の中に追いついたわけではなく、藤子不二雄さんがこの世界を想像していたんではなかろーか!?って事。

自分でもビックリしてしまいました!!