こんにちは、ライブチャットジュエルグループ代表の"やり方よりも考え方"ブログの更新です。

先日、終電の新幹線を寝過ごして、越後湯沢駅まで行ってしまいました。

 
IMG_7113

IMG_7115



あらかじめ、旅館を予約して、スキーを目的に来たら良い所ですが、12月の雪の降る中で、終電を寝過ごしたという事は・・・

もちろん、泊まる宿のアテもありません。
『始発まで外で待ってたら凍えてしまう!!』
大変なピンチを迎えた訳です。笑


電車を降り、改札口には僕と同じ境遇と思われる方が数名。。。

『あ、良かった〜。きっと、毎日僕のような人達が居るんだろうな。だから、何か対処法があるんだろうな!』
と思って列に並んでいると・・・
駅員さんとやり取りをして、怒っている人もいれば、謝っている人も居るんです。

ここで、とっても嫌な予感がします。

きっと『今日中に帰らないといけないから、なんとかせー!』とか
『始発まで駅で暖を取らせて下さい。』とでも頼んでいたのでしょう。

わかりますよ、寝過ごした自分が1番悪い事は。
でも、帰るアテもない、泊まるアテもない、外は雪景色となると気持ちに余裕がなくなってしまいます。


僕の番になってその答えはわかりました。

駅員『駅はあと5分で閉まります。1番近いビジネスホテルは◯口を出た正面にある、◯◯ホテルというところです。』

僕『今日は空いてるんですか?』

駅員『行ってみないとわかりません。』

僕『もし、そこがいっぱいだったらどうすれば良いですか?』

駅員『あとは、ご自分で探して頂くしかございません。』

ここで、1番目の方が怒っていた意味がわかりました。
人の振り見てわが振り直せではないですが、『これ以上、言ってもどうにもならないんだろうな〜。』と思って、僕はその怒っていた人のおかげで、終始穏やかでいることが出来ました。笑


そこで僕がとった行動は、iPhoneを取り出し、このアプリとこのアプリで宿探しをしました。

157

toraberu
 

みなさんのスマホにもダウンロードしてあるアプリかもしれません。

駅員さんに渡された、周辺宿泊施設一覧表を見て、一軒一軒電話するよりも数倍も早く探せます!

駅員さんも、自分のスマホで、このぐらい探してあげたら良いんじゃないかな?
っても思いますけどね。

みんな寝過ごしたのは、自分が悪いとは思ってるわけだから、このぐらいしてあげれば、あんなに怒られなくて済むんじゃないかなぁ〜って。笑
きっと、あんな対応だから毎日毎日理不尽に怒られてるんでしょう・・・。 


ま、おかげでこの日は完全に開き直って、湯沢温泉にゆっくりとつかって来ました。笑


僕が言いたいのは、新幹線の駅員の仕事の目的はどこに置いたら喜ばれる会社(人)になるのか??
ってこと。

駅員の仕事の目的=新幹線を時間ピッタリに、事故のないように運行する
って思っているだけだと

終電で寝過ごしてしまい、深夜0時に雪が深々と降る中、泊まるアテがなくなってしまった乗客が5名にこう思われてしまう訳です。

「乗らなきゃ良かった。。。」

悪いのは自分なのにね。
お客は勝手な生き物ですから。

正直、嫌な仕事だなぁ〜って思いましたよ。
だって、僕がその駅員さんだったら乗り過ごしてしまった5名が、その後どうなるか心配で寝られないよなぁ〜って。


もしも、もしも、自分が携わっている仕事で、お客様にそんな思いされたら悔しいですから。

「乗らなきゃ良かった」を → 「それでも乗って良かった」
って思ってもらうことを考えて行動するのが、仕事なんじゃないかなって。

世の中の人の役に立つということはそういうことです。

周りのホテルに協力してもらって、始発までの暖が取れるプランとか提供したらどうなのかなぁ??