こんにちは、ライブチャットで稼ぐ!ジュエルグループ代表のブログ更新です。


いやー、このニュースにはビックリしました!

中国で開発された3Dプリンタで作った『人工骨』これまでに約40人が移植
http://a.excite.co.jp/News/column/20130708/Getnews_375713.html



なるほど!
3Dプリンターはこんな使い方も出来るのか!?


これを見た時に
『また時代や業界が変わるなぁ〜』
と思いました。


ちなみに、3Dプリンターとは、今までの紙に印刷をするプリンターとは違って、
この様な機械に、立体用の設計図を入力すると・・・

画像1



ガイコツもこんなの作れたり…
画像1



こんな複雑な立体も作れたり…
画像1



当然フィギュアも簡単に作れる様になるし…
画像1



アートやアパレルの業界も変わります。
画像1



医療の現場で活躍する事もあります。
画像1


ちなみに上記は、3Dプリンターで義顔を手に入れた男性として特集されてた方です。


例えばそう、義足や義手と言ったものも、職人さんの手作りで高い値段がしていたものが、大量生産の様に安く買える様になったり。

診察にいかなくても、設計図だけ送るから『プリントアウトして使ってー』なんて事も考えられます。

コレによって、減少せざる負えない企業はどんどん出てきます。

例えば、製造工場や宅配業者。

食器なんか家になくても、必要な時に欲しいデザインをPCからダウンロードして、プリントしちゃえばOK!!
なんて事も。

ゲストの名前入りで、急なゲストがくるその日に専用の食器でお迎え出来たりしちゃうんじゃないかなぁ〜って。


小物の消費が少なくなれば、当然工場⇒個人宅までの物流が少なくなるわけだから、宅配業の仕事も少なくなるでしょう。

僕が小学校の時、SEやWEB診断士などという職業はありませんでした。

もちろん、チャットガールも。


今の小学生は、半分以上が今ない職業に就くと言われているほど、どんどん変わっていく時代です。

職業は減るばかりではありません。
その代わり、どんどん新しい職業も増えているんです。


時代は常に変わっているという事を念頭にいれて、変化対応能力を高めていかなければ、いつまでも昔成功したこだわりから抜け出せなくなってしまうかもしれません…。